なんちゃってアップルパン

延期されていたお友達のお誕生日の差し入れとして
アップルパイもどきの なんちゃってアップルパンを作りました。

アップルパイといえば使う林檎は 硬くて酸味のある紅玉がいいですよね。
材料のお買い物へ行くと 待ってたよ~~~と言わんばかりに売ってました(^^)

小振りだったけど購入したのがこちら

f0151298_195360.jpg


3個の紅玉を使って早速開始

パイ生地を作ったことがなかったので 本番ぶっつけは無理 笑
それで、HBでこねたパン生地を使って アップルパン

f0151298_1123176.jpg


パン生地はいつもより少し甘め

 強力粉 280g 砂糖 25g 塩5g ドライイースト 6g 牛乳200cc 無塩バター25g


生地をこねている間(HBちゃんが) 中の具材作り

  【カスタード作り】
     薄力粉 15g 砂糖 50g 卵(全卵)1個 牛乳200cc バニラエッセンス 少々

    ①薄力粉と砂糖を耐熱ボウルに入れて泡だて器でよく混ぜる
    ②上記のボウルへ牛乳を入れてよく混ぜる
    ③さらに、溶いた卵を入れてしっかり混ぜる
    ④ボウルにふんわりとラップをして600wで2分程度レンジで温める
    ⑤一度取り出してしっかり泡だて器で混ぜる
    ⑥もう一度レンジに2分程度   
    ⑦冷えると硬くなるので気持ちゆるめの状態で バニラエッセンスを少々入れて混ぜる
    ⑧表面が乾かないようにぴったりとラップして冷ましておく

  【林檎のコンポート作り】

   ①紅玉3個を適当な厚さと大きさにカットする(皮をつけたままだと赤くなるので綺麗に皮はむく)
   ②耐熱ボウルに上記の林檎をいれてグラニュー糖(なければ上白糖でも可)大さじ6杯~7杯程度
    振りかける  好みでいいです
   ③レモン汁1個分を入れて 軽くラップをしてレンジでチン  林檎が汁が出て透き通ればOKです
   ④少しブランデーをいれてそのまま冷ましておく

  【パンの成形】

   ①こねあがったパン生地を大・中・小の大きさに分けて丸くしてベンチタイム15分
   ②一番大きな生地をピザのように丸く薄く延ばして 
    軽くバターを塗った丸いタルト型の底と立ち上がり淵の部分に綺麗に敷きつめる
    底はフォークで穴をあけるようにボツボツと刺しておく
   ③冷めたカスタードを塗って 汁気を切った林檎のコンポートを敷きつめて
    ラム酒に漬け込んだレーズンをちらして、 シナモンを少し振って
   ④中の大きさのパン生地を長方形に伸ばし棒状にカットする
        (発酵すると幅が広くなるので狭いほうがいいです  1センチ弱のリボンぐらい)
   ⑤中央から交互に編みこんで
   ⑥小さなパン生地をヘビのように長く伸ばして 少しねじりながらパイ型のぐるりに載せていく
    発酵する段階で型から外れやすいのでしっかり淵につける様にするといいです。

   ⑦あとは普通に成形パンつくりと同じです
    水霧吹きをしっかりして40度 30分弱発酵(あまり膨れないように時間は短め)
    オーブンの余熱をしている間に 溶き卵を塗って  
    190度で20分焼く (表面が焦げそうなときはアルミで覆う)


   
f0151298_140473.jpg


型で焼くパンの時は 焼きあがるとすぐに型から取り出しますが、タルト生地が熱くて出来なかったので
型のまま冷ましました。
頂く当日綺麗に取れるか心配だったけど、事前にバターを塗っていたので綺麗にすっぽりと型から取れました

ちょっと見た目も豪華だし最初の挑戦にしては大満足(^^)v
中の林檎もレモンの酸味が効いてさっぱりしていたし、カスタードの甘さと一体になってちょうどよかったみたいです。
パイ生地が作れない私にはもってこいの アップルパンのようです

工程の中で一番面倒なのが 編みこみかな 笑
発酵でふくれてくるので 中身が見えるぐらいの間隔で編んでいくとちょうどいいです。

反省点・・・・・編みこみ部分をもう少し細めのリボンにすればよかったかな

食事をして、メインのBDケーキを食べて、もう2品用意したゼリーを食べて
会場となったお店マスター&ママさん 含めて10人で完食でした
[PR]
by kuropoomomo | 2013-11-21 01:52 | HBパン
二度目の栗の渋皮煮 >>