二度目の栗の渋皮煮

すっかり秋めいて・・・といいたかったけど
台風24号の影響か 不快指数80パー 最高気温も29.9度
夏に戻ったみたいなこの数日です

数日前に 人生二度目の栗の渋皮煮に挑戦
初めて作ったのがちょうど3年前  
過去記事を見て、そんなに前だったかな~って驚く始末
一年、一年があっという間ですね

   初挑戦の記事はこちらです ⇒ 2010年栗の渋皮煮

大粒のしっかりとした栗が店頭に並んでいたのを何度も見ていたけど
栗入りのお赤飯を作るのみだった
でも、やっぱり食べたい!! そんな思いから頑張ってつくってみました

お友達に習った上記記事のレシピも勿論美味しかったけど 少しアレンジして挑戦

レシピは下記の通りです


   硬い外の皮を剥いた栗 1袋(20個程で550g強ありました)
   (アクの茹で捨てに使う重曹 大さじ1杯程度
   シロップとして  水700cc + ザラメ(300+300g ←2回に分けて使います)
   好みの洋酒 大さじ1杯弱


作り方は

①渋皮のついた栗を用意 (硬い皮をむくとき傷をつけないように注意)

f0151298_1932956.jpg



②たっぷりの水に重曹(分量の半分)を入れて 水から茹でていきます  
 火加減は最後まで弱火
 沸騰させないことがポイントです

f0151298_1935334.jpg
 


③すぐにアクが浮いてきて茹で汁は真っ黒に (ず~っと弱火ですよ)

f0151298_19361010.jpg

 
④アクの茹で汁を捨てて もう一度②を繰り返す
 アクの出かたにもよるけど 今回3回ほど茹でこぼししました  最初の茹で時間からトータルで40分強

⑤他の鍋で綺麗な水を沸騰させておく
 沸騰した水に 上記の栗を漬け込む

f0151298_194198.jpg


⑥上記の鍋のお湯に手が入れれるほどになったらお湯の中で渋皮のスジを綺麗に取り除く
  お湯がまだ熱いうちのほうがスジなどが取れやすいです

f0151298_19435650.jpg


⑦綺麗に掃除できました

f0151298_19452253.jpg


⑧シロップを用意  水700ccとザラメ300gを弱火にかけてしっかり溶かす
  そこに⑦を入れて 少しだけ弱火で炊く
  そのまま火をとめて冷めるまで一晩寝かしておく

f0151298_19473765.jpg


⑨翌日、栗だけを取り除いて シロップに残りのザラメ300gを入れて弱火でよく溶かす
 そこに栗をもどして少しだけ炊いて火を止めて 香りつけの洋酒を好みでいれる
 そのまま、また冷めるまで寝かしておく

  ※ザラメを2度に分けていれたのは 一度にいれるより甘みがより浸透しやすいからです
    ぜんざいなどを作る時と一緒ですね(^^)

f0151298_19522284.jpg

一度目の漬け込みよりザラメの色がついて違うのがわかる?

⑩冷めたら完成

f0151298_19515463.jpg



栗そのものが美味しかったせいもあり、ザラメ効果も加わって艶もよく美味しい渋皮煮ができました。
最初から最後まで 火は弱火!!
沸騰させると渋皮が割れてしまうので要注意です。
ゆでて捨てて、またゆでて捨てて 洗って浸け込むだけ
一度つくってみませんか? おいしいよ~~~

3年前の初挑戦と変わったところは 
ザラメを使ったことと そのザラメを2度に分けてシロップにいれたところ
[PR]
by kuropoomomo | 2013-10-07 20:00 | スウィーツ
<< なんちゃってアップルパン 塩麹の漬物 >>